トップページ採用情報スタッフインタビュー

デザートの新しい価値をトータルプロデュース


もともと食べること料理することが好きでしたので、学生の頃から就職先として食品メーカーを志望しておりました。大学卒業後は食品メーカーに就職を致しましたが、仕事をしていく中で、もっと自分を磨き成長させたいと思うようになり、転職活動を経てトリエスに出会いました。
面接の際に「トリエスは皆、本当のところで仕事をしている。会社の経営者と同様、一人一人経営を考えている」と聞き、仕事に対する姿勢の違いを感じ、自分のスキルをアップさせることができるのではないかと思いました。また、好きなデザートを企画から開発、製造、販売まで行なっていることに興味を持ちました。 
私もその環境に身を置いて、高い目標を持つことで大きな成長に繋がるのではないかと思い、トリエスを志望致しました。(西野目)
決定商品を協力工場に落とし込む際、生地(パーツ)がうまく焼きあがらず、一日中焼成していた事がありました。現在は、提案段階で工場と密にやり取りを行い、工場ラインに落とし込める内容かを確認しながら商品提案を行っています。
また提案中のサンプルのレシピデータを誤って消してしまった事がありました。幸い手書きのデータが残っていたので大事には至りませんでしたが…。以後データの管理は2重保存をしています。
あとは、サンプルを作成していた時、思うような味に仕上がらず何度も作り直しをしていたら材料が足りなくなり、しかも提案が翌日だった為、先輩に横浜工場まで材料を取りに行ってもらったこともありました。それ以来、食材は余裕をもって発注するようにしています。(吉川)

New York Sweets Trend Magazine by Tries